どうしてこんなに難しい・・・賃貸契約を易しく解説

お手頃の東京スポット

神奈川県や千葉県から東京まで通勤、通学している方は少なくありません。
しかしやはり利便性を考えるとなると都内で賃貸物件を探すというのが便利だといえるでしょう。
不動産専門のデータバンク「東京カンテイ」の情報によると、23区内で最も住宅価格が安いのは足立区竹ノ塚だといわれています。
この竹ノ塚は東京メトロの竹ノ塚検車区があるので、東京メトロ日比谷線方面や浅草方面に向けての始発、終着の電車が多数あり通勤なども非常に便利です。
ちなみに東武伊勢崎線は東京メトロ日比谷線に加え、東京メトロ半蔵門線(渋谷からは東急田園都市線)とも乗り入れがあるので、都心へのアクセスは非常に便利になっています。
さらに竹ノ塚は利便性の高さという点でも定評があり、駅西口エリアにはスーパー西友、公共の駐車場、区の保険総合センター、休日応急診療所などがあります。
また尾竹橋通りに沿っては和菓子屋、煎餅屋さんなどが並んでいますので、散策スポットとしても定評があります。
尾竹橋通りを渡ると住宅街がありますが、農家の屋敷や寺社などが点在しており独特の町並みを形成しています。
この背景には関東大震災後、浅草の寺社が世田谷区の千歳烏山に移転してきたことがあるようです。
これらの地域は住宅街が中心になっていますので、賃貸住宅なども多く安いアパートなども多くあります。
具体的には築30年以上の1Kなどであれば3万円、4万円などからありますし、単身向きなら6万円、カップルでも8万円あればだいぶ選択肢も広がるだろうといわれています。
しかしこの場所ではコンビニも少なく、利便性では良いとは言い切れないのも事実です。
しかし駅東口には商店街、大型店、図書館などが集まっておりかなり便利になっています。
住宅地も数は少なくなく、UR都市機構の竹ノ塚第三団地などの公的な住宅が多くなっています。
さらに商業施設などのある地域から日光街道に行くと、テニスコートや野球場、公園なども多くファミリー層にもオススメのスポットになっています。
しかしこれらの場所では団地なども多く、不動産サイトなどでもあまり探せないのも特徴的になっています。
東京都内は家賃が高いというイメージがありますが、探してみれば安いところもありますし、静かで環境の良いところもあります。
最近では実際に見てみなくてもその地を紹介しているようなサイトやブログがあるので、インターネットなどで参考にすることができるかもしれません。
Copyright (C)2021どうしてこんなに難しい・・・賃貸契約を易しく解説.All rights reserved.