どうしてこんなに難しい・・・賃貸契約を易しく解説

東京の高級マンション

東京で賃貸物件を探すとするとさまざまな条件を挙げることができますが、お金に余裕があるとすれば良い眺望のマンションを選んでみると良いでしょう。
眺望の良いマンションとしていくつか挙げることができますが、なかでも注目できるのが「東京ツインパークス」という汐留のタワーマンションを挙げることができるでしょう。
東京湾や浜離宮の見える海側と東京タワーが見える陸側はどちらも人気で、ゲストルームなどの共用施設もリーズナブルだと話題になっています。
さらに港区で注目されているのが「愛宕グリーンヒルズ」でしょう。
アメリカで最も影響力のある建築家10人の一人に選定されたシーザー・ペリ氏が設計したことでも有名です。
曲線を描くファサードの多用や金属素材などが見た目上での特長でもあり、東京を代表する景観のひとつになっています。
地上42階、地下4階、総戸数が353戸のタワーマンションになっており、交通アクセスは日比谷線「神谷町」駅から徒歩5分、都営三田線「御成門」駅から徒歩4分とかなり便利な立地になっています。
共用施設としては、41階に健康相談室、42階に「SPA(スパ)」を設置されており、ジム、トリートメントサロン、ラウンジなども用意されています。
しかしこの手のタワーマンションで心配になるのが、耐震性かもしれません。
実際に東北地震の際には都心部でも高層マンションの売れ行きが落ちてしまったほどです。
「愛宕グリーンヒルズフォレストタワー」の場合、鋼管にコンクリートを充填したCFT(Concrete Filled Steel Tube)柱があり、オイルダンパーを制震装置とする制震構造が採用されていますので、耐震性が十分だといえます。
非常階段などではあえてこの構造を見せられるようになっており、その構造の巧みさを見ることができるようになっています。
さらにこの「愛宕グリーンヒルズフォレストタワー」で話題になっているのがスカイデッキからの眺望でしょう。
ハスのつぼみのてっぺんには、デッキがありそこから夜景を見ることができるようになっています。
東京ではさまざまなマンションなどの物件があり、上記に挙げたマンション以外にも高級マンションは存在しています。
しかしタワーマンションは数が限られていますし、あつかっている不動産会社も限られたりしていますので注意が必要です。
高級マンションを探すさいには設備やデザイン、立地条件などもポイントになりますが、展望などもひとつの大事なポイントだといえるかもしれません。
Copyright (C)2021どうしてこんなに難しい・・・賃貸契約を易しく解説.All rights reserved.