どうしてこんなに難しい・・・賃貸契約を易しく解説

単身赴任者専用のマンション

転勤などで便利なのが「家具付き賃貸」といわれる賃貸住宅です。
この家具付き賃貸は、ただ家具が付いているというだけではなく、フロントでのクリーニング取り次ぎサービスがあったり、宅配便の取り次ぎサービスなどがついているものもあります。
大阪や東京などの都市部では単身赴任者専用のマンションというものが結構あり、単身赴任には丁度よいつくりになっています。
単身赴任者専用のマンションは、一般の不動産会社では紹介されることがなく、一般の方や学生が住んでいないので安心して住めることができます。
この単身赴任者専用のマンション物件は、単身赴任者専用のマンションを扱っている一部の不動産サイトなどで紹介していたりしますので、よく探してみると良いでしょう。
では実際の契約としてはどのような書類などが必要になるのでしょうか。
基本的に必要になるものとしては、社員証コピーや在職証明書または健康保険証コピーなど会社との関係が分かるものを用意しておくべきです。
場合によっては顔写真や会社概要などが必要になる物件もあるので、不動産屋さんにしっかり確認しておくようにしましょう。
どの賃貸住宅にするにしても事前に下見できるようになっていますので、事前に連絡して下見してみると良いでしょう。
では実施に契約をした場合、いつから入居できるのでしょうか。
申込み時に契約日を決める日を決められるようになっていますので、急いでいる場合や逆に数ヶ月先になっているような場合には事前に調整しておくと良いでしょう。
また物件によっては、入居日より事前に荷物を先に部屋に届けることができるものもあるので、それらのサービスを利用すると良いかもしれません。
単身赴任者専用のマンションはこのように引っ越しがしやすくなっているのが特長ですが、入居後の期間延長などはどうなっているのでしょうか。
契約期間が1年間または2年間というのが通常ですが、更新については自動更新で基本的に費用がかからないといわれています。
しかし物件によっても違いがあるので、契約のさいにはよく確認しておくようにしましょう。
単身赴任者専用のマンションは、寝具一式のレンタルがあったり、ゲストルームや食事がオプションで付けられたり、専用レストランがあるマンションなどがありますので、自炊できない方でも安心してすむことができるようになっています。
ほかにも無料で室内や水周りの清掃が付いていたり、窓ガラスやバルコニーまで清掃してもらえる物件もあります。
Copyright (C)2021どうしてこんなに難しい・・・賃貸契約を易しく解説.All rights reserved.