どうしてこんなに難しい・・・賃貸契約を易しく解説

分譲マンションの賃貸

最近では高級マンションが資産運用などで活用されており、分譲、賃貸ともに増加してきています。
とくに今注目されているのが分譲マンションの賃貸化でしょう。
ではこの分譲マンションを賃貸で借りようとする際にどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず注目したいのがそのマンションの品質でしょう。
内装のグレード、設備の充実度、共用部の設えなどは賃貸マンションとは比較にならないほどの作りになっています。
さらに注目できるのが管理に対する意識の違いですが分譲マンションは、管理組合が、管理会社と契約をしているので日常のメンテナンスなども問題ありません。
それに対して賃貸マンションなどでは大家さんによってかなり意識が違いますので、なかにはまったくメンテナンスがされていないような物件もあります。
そしてさらに挙げることができるのがセキュリティやサービス面の充実ですが、大規模マンションならば、24時間有人管理はほぼ当然になっていますし、共用施設としてもパーティルームやラウンジ、シアタールームにスタディルームなどが用意されている物件も増えてきました。
高級マンションにもなると、なかにスポーツジムなどが併設されているものもあるので、非常に便利だといえるでしょう。
このように見てみると賃貸マンションの質が悪いように思えるかもしれませんが、月額賃料100万円超クラスの高級賃貸であれば分譲マンション以上のスペックになっています。
この場合、設備機器などはすべて世界の一流メーカーですし、100〜200平米台クラスの広さになっており高級感が全面的に押し出されている内容になっています。
これらの高級賃貸マンションには、外国人の居住者が多いためバイリンガルのスタッフがフロントにおり、さまざまなニーズに応えてくれます。
このように分譲マンションと賃貸マンションには上記のような違いがあります。
ちなみに分譲タイプのマンションに住む場合、分譲マンションの管理会社はあくまで区分所有者で形成される管理組合との契約になっているので、それ以外の部分に関しては大家さんや仲介会社に相談をする必要があります。
それで何か不都合やトラブルがあったさいには煩わしい手続きが必要になる可能性もあるということを覚えておく必要があるといえるでしょう。
このようなメリットデメリットをよく考えてから、分譲マンションに住むか、賃貸マンションに住むのかを決めると後で後悔のない決定ができるでしょう。
Copyright (C)2021どうしてこんなに難しい・・・賃貸契約を易しく解説.All rights reserved.