どうしてこんなに難しい・・・賃貸契約を易しく解説

即入居可物件とは

物件情報などを見ていますと「即入居可賃貸」という物件を見つけることができます。
突然の転勤や、以前の住まいの状況などで部屋探しをしている場合にはこれとない機会のわけですが、即決してしまう前に注意が必要です。
まずがその物件がなぜ即入居可になっているのかその理由が重要になるといえます。
即入居可ということは現在入居者がいないということですので、「随分前から空室だった不人気物件」という可能性があるというわけです。
前の住人が退去してすぐであれば問題ないのですが、長い間空室であったりすると不在の間にカビが生えてしまったり、臭いがこもってしまうという可能性があります。
さらに不人気の理由として周辺相場よりも賃料が高かったり、騒音苦情が多いという理由があったり、立地条件がわるいという可能性もあります。
それで即入居可になっている場合には、賃料相場や、設備条件、立地条件などをじっくり確認してみることが必要になるといえるでしょう。
また一番確実な方法といえるのが、不動産会社に連絡をして部屋を見せてもらうという方法です。
そして直接いつから空き家になっているのか、どうして入居者がなかなか現れないのかを聞いてみるのは良い方法です。
なかには以前は家賃が高かったため入居者が現れなかったが、家賃をこのたび下げてみたという物件がありますが、そのような物件はかなりオススメだといえるでしょう。
さらに注意できるのが壁紙に関して、即入居可の場合、部屋をそのままの状態で借りることになりますので、自分で見て、汚れているならしっかり指摘しておくことが重要です。
さらにセキュリティ面では鍵の交換なども重要になりますが、前の入居者がいつ退去して、いつ鍵交換をしたのかなどを確認しておくようにすると安心です。
また注意できる点として挙げられるのが、「即入居可」は「即生活可能」ではないという点です。
場合によってはカーテンがついていなかったり、すぐに電気・ガス・水道が使えないような物件もあります。
さらに「即入居可」といっても、初期費用の入金確認や必要書類がそろってでないと住めないというケースもありますので、当日から住む予定であるなら不動産会社に最初に説明をしておくとトラブルを回避できるでしょう。
即入居可物件のなかには上記にも挙げたように家賃がお得になっているようなものもありますので、場合によってはかなりオススメの物件もありますので、よく探してみると良いでしょう。
Copyright (C)2021どうしてこんなに難しい・・・賃貸契約を易しく解説.All rights reserved.