どうしてこんなに難しい・・・賃貸契約を易しく解説

礼金、敷金の相場

地域によってさまざまな文化や習慣の違いがありますが、賃貸住宅における礼金、敷金の相場というのも違いがあります。
礼金というのは関東地方ではわりと一般的になっていますが、北海道、京都、兵庫、愛媛、福岡などでは礼金の習慣はありません。
というのもこの礼金の制度は、子供が地方から都会に上京して一人暮らしを始めるときに、その親が心配してその世話を大家さんに頼んだのが始まりだといわれています。
今では携帯電話なども普及しており、昔のような意味合いは薄れただ大家さんにわたすお金になっています。
礼金は関東地方などでは家賃の1〜2ヵ月程度が相場になっており、関東や東海地方では全体の5〜6割程度の物件が礼金ありのものといわれています。
ちなみに福岡や兵庫では礼金という習慣はありませんが「敷金(保証金)、敷引き」という名前で同じようなものがあります。
この礼金に加えて必要になるのが敷金というものです。
これはいわば保証金のようなものですが、北海道から関東にかけては家賃の1〜2カ月程度、東海エリアは2カ月程、関西から九州にかけては3カ月〜4カ月程となっています。
また関西で注目されているのが、「敷引き」という制度です。
これは敷金と同じで、一定額を補修や修繕のために退去時に差し引く制度となっています。
入居するときから、差し引かれることがあらかじめわかっている分、礼金のようなものだといえるかもしれません。
この敷引きは2〜3カ月程度だといわれてはいますが、物件を調べてみると敷金6〜8ヵ月、敷引きはその半分〜6割程度だといわれているものもあるので、あたらしく家を探すさいには注意が必要です。
このように地域によって違う敷金、礼金ですが、最近では礼金をとらない物件が増加しているともいわれています。
このような背景としていえるのが、連帯保証人代行会社の出現や、原状回復費用も入居者負担の比率が減ってきたことなどが関係しているといわれています。
またフリーレント賃貸住宅というものもあり、これらの物件ははじめの数カ月は家賃が無料になるので初期投資を減らしたいのであれば、かなりオススメの物件だといえるでしょう。
最近ではインターネットでも物件を探すことができるようになっていますが、礼金敷金がゼロ物件の特集などがあるので、それらを探すとより都合の良い物件を探せるかもしれません。
初期投資を抑えたいのであればこのような不動産サイトを利用してみるようにしましょう。
Copyright (C)2021どうしてこんなに難しい・・・賃貸契約を易しく解説.All rights reserved.